レアメタルニュース10月1日号 掲載記事

Ni 地金の10~12月相場は$14,000~16,000と横ばい

Ni 中国の20年1~7月の輸入は鉱石が減り合金鉄が倍増

Ti 米TIMETが東邦Tiとスポンジの長期調達契約を拡大

  スクラップ市況はCo、W、Moが反発もSUSやNi反落

Ti 日本の20年上期の展伸材出荷は5%減の7,991t

  耐火物の20年上期生産は38.2万tで15%減

  耐火物の原料消費はZr系が20年上期に3割減

Ti 大阪Tiが年産100tの金属粉末工場を本格稼働

  5G社会デザインコンソーシアムの設立総会が開催

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA