レアメタルニュース4月8日号 掲載記事

戦略物資7品目の露ウクライナ率高く代替調達や国内増産も検討

チタン(Ti) 展伸材19年から内需・輸出とも縮小し今年も不透明強い

航空機の21年納入はB737MAX量産再開で26%増と復調

チタン(Ti) スポンジの21年Q1〜3出荷は輸出がピーク近くに回復

超硬合金の21年生産は自動車回復で24%増の5,879t

超硬合金の21年の原料消費は全品目が2ケタ超の増加

レアメタルの1~2月輸入額は3,871億円で91%増

レアメタルの2022年1〜2月輸入①

マグネシウム(Mg) 22年の国内需要は6%増えコロナ以前の規模に回復

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA